4ヵ月で月収45万のキッカケをつくった秘密の動画
4ヵ月で月収45万のキッカケをつくった秘密の動画

7月から「ポケモンgo」が日本でも配信され
日本中がポケモンgoの影響を受けていますね。

それと共に
配信されてから毎日にようにニュースに取り上げられています。

 

入ってはいけないとこに侵入してしまったり、
運転しながらプレイして事故をおこしてしまったり、
レアポケモンが捕獲できるという情報によりその場所に
人が集まって、その場所が汚されたり・・・

あまりいいイメージではないですね。

 

でもいい影響もあったりします。

あまり外に出ない人が、ポケモン捕まえるために外に出る機会が増えたり、
ポケモンgoという共通なものを通して話すことが苦手な人でも人と話すネタができたり、
ポケモン捕獲のため、今まで行ったことがないような所まで行くことで
新しいことを発見出来たりと悪い側面だけでもないですね。

図10

 

僕はポケモン第一世代で
ミュウやミュウツーを捕獲するために時間を費やしたのを思い出します。

家でゲーム画面を通して、色んな町に行っていたのが、
今ではスマホの画面を通しながら、実際に自分が移動して
ポケモンを捕まえるわけで。

 

 

今、思い返せば学生だったこともあり、時間はたっぷりあったので
際限なくダラダラとプレイしてました。

何も考えずに
とにかく自分のポケモンをひたすら戦闘させて
レベルを上げたり、コンプリートのためにポケモンを
探しまくったり。

 

今思えば

”一体何がゴールだったのだろう?”
と考えてしまいます。

 

コンプリートしたから終わり!
って思えるならいいのですが、多分それでも
何か口実をつくって辞められないんですよね。

ポケモンって中毒性がありますから(*_*;

 

だからポケモンやるなら
戦略たてて、効率的にやって早く終わらせる。

これがポケモンgoの大人なやり方なのかなと思います。

 

ポケモンの中毒性は
・ポケモンのコンプリート(収集欲)
・育成したい欲求

とくにこれらが中毒性を生み出します。

コンプリートした!と思ったら
また新しいポケモンが配信されるようになるでしょう。

 

自分は大丈夫と思いながらも
「育てて人と対戦ができる」という
男性にとってはとても興味をもってしまう機能に
きっと中毒者になってしまう人は多いでしょう。

 

このような楽しいものは習慣化してしまうのも早いので
ゴールを決めて、プレイするのが大人なやり方ではないかと
思います。

 

おすすめの記事