4ヵ月で月収45万のキッカケをつくった秘密の動画
4ヵ月で月収45万のキッカケをつくった秘密の動画

ブログを書くのに意識したいのは
検索で上位表示されて、記事を見てもらう。

 

見てもらえなければ頑張って記事を書いても
存在しないのと一緒になってしまう。

今回は僕なりにクリックされやすい記事ってどのような
ものかをお伝えしていきます。

検索表示はタイトルが入り口

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログでも店舗などのサイトでもそうなのですが
この2つはブログを書いている人にとっても
サイトを作っている人にとっても
検索上位に表示されるということは看板を分かりやすい
場所に掲げて

「ここにお店があるよ」

と集客しているのと同じです。

 

分かりやすく看板を出していると
自然にお客さんが来るので検索上位表示すると
安定したアクセスが見込めるわけです。

なので、安定したアクセスを集めるのに
まずは『クリックされるタイトル』
一番に考えた方がいい。

 

ドラゴンボールを知っているだろうか?

きっと誰もが一度は思ったことがあるかもしれないけど
タイトルはドラゴンボールなのに
本編にはほとんどドラゴンボールは出てこない(笑)

 

どんなシチュエーションでも
最後にドラゴンボールが出てきて、
死んだ人を生き返らせたり
壊れた町をもとに戻したり、
報酬などを願い事としてお願いして叶えてくれる。

 

視聴者はドラゴンボールが出てこなくても
そのドラゴンボールの世界観を楽しんでいて
一話ずつタイトルがあるようにそこで今度見るか
見なくてもいいかの判断材料になっている。

 

 

そうです!タイトルはその記事を物語るために
必要なもの。

タイトルに気になるキーワードがあればクリックしてしまう。

ドラゴンボールであれば
【孫悟空覚醒! 目覚めし者の新たなる極意!!】

え?なんか覚醒すんの?

↓↓

超気になるじゃん!!

↓↓

視聴する

こんな感じです。

 

要はこれと一緒で
タイトルには行動を促すキーワードが必要です。

 

例えば
『検索上位にわずか4日で表示した驚くべき方法』
というタイトルであれば
アクセスが集まらない人にとっては
すごく気になるキーワードばかりです。

まずはこれで読んでもらうための
行動を促すことができます。

この記事を見て下さい!というオファーを
投げかけるんです。

 

タイトルとは
キーワード+明確な数字=クリックしたくなるタイトル

ということになります。

 

魅力的な記事にするには

さきほどドラゴンボールの話がでてきましたが、

サイヤ人編もナメック星編もドラゴンボールを
求めて争うわけだけど、それまでの物語を
視聴者は楽しんでいて、ゴクウの変身なんかは
大きな共感を得られるわけです。

 

たとえば今さっき例に出しましたが
【孫悟空覚醒! 目覚めし者の新たなる極意!!】
なんかはゴクウの変身をタイトルから漂わせます。

ドラゴンボールの1つの楽しみはゴクウの成長です。

 

そしてゴクウは実際に変身するわけですが
それを見て「カッコいい」とか「ワクワクした」とか
共感を示します。

 

で、ブログの話に戻しますが
魅力的な記事とは「共感」できる記事のこと。

 

共感と言っても分かりずらいですよね。

たとえば
サラリーマン時代の悩みなどを記事にして
同じ境遇の人がその記事を読んだ時に
「そうそう!」と読者に思ってもらえたら
それは共感を得たことになります。

 

僕の場合だとこちらの記事が一番共感を得ています。

意外ですが論理的な記事というのはあまり
共感を得られません。

 

内容がかたくなるし、読んでいて面白くないのでしょうね。

アクセスが低い場合は共感という目線が
足りないからだと思います。

 

僕はほかにもブログをしていますが
共感記事ではなく論理的な記事ばかりを
最初から書きすぎて悩みました。

「なんで??アクセスが伸びない」

 

それで考えてみて
共感記事にたどりつきました。

それからアクセスが1.5倍にはなりましたね。

 

検索上位表示させるには

クリックしたくなるようなタイトル

そして

共感を得られるような記事

 

この組み合わせがミソであり
読者も喜んでもらえる記事になるかと思います。

おすすめの記事