4ヵ月で月収45万のキッカケをつくった秘密の動画
4ヵ月で月収45万のキッカケをつくった秘密の動画

11/4(土)のめちゃイケの番組最後にとても悲しい

予告が流れましたね。

 

2018年3月をもってめちゃイケ終了。


放送が始まって21年?22年?ぐらいなるみたいですが

土曜の夜8時はめちゃイケっていう認識がぬぐえないですね。

 

 

絶頂の時の視聴率は30%越えとモンスター番組と

言えるくらいの人気でした。

 

打ち切りが決まった決定的なこと

打ち切りが決定的となったのは昨年、2016年のこと。

 

めちゃイケは放送から20周年で、これを機に打ち切りになることが

濃厚だったそうだ。

 

 

しかし、フジを代表する長寿番組でもあり、打ち切りは延期となった。

 

しかも視聴率が低迷しているのはめちゃイケだけではない様子。

 

フジのここ4年の視聴率が下がっていて、グラフで見ると

まるで「すべり台」のごとく急降下している。

 

他のテレビ局よりも視聴率低下が激しいのはこのグラフからも

確かなようだ。

 

 

こんな感じで数字で出されてしまうと、なんとも言えないですが

人によってはまだまだ面白いという人もいるでしょう。

 

 

 

めちゃイケはコストが高い番組でもあったということだが

このテレビ局をまとめた視聴率のグラフから判断すると

これはめちゃイケだけの責任ではないようにも思える。

過去の高視聴率だったコーナー

ここでめちゃイケの過去の高視聴率だったコーナーをまとめてみよう。

 

1位
2004年10月9日 33.2%
「オールスター夢の激突!!8周年感謝スペシャル」
※「芸能・バラエティ」部門の歴代高視聴率番組・第9位に記録!


2位
2003年12月27日 25.1%
「楽しくなければ年の瀬じゃない!スペシャル」

 

 

3位
1999年2月27日 24.2%
「14年越しの夢実現!新田恵利の家に行こう」

 

 

4位
2005年4月30日 23.4%
「有野晋哉結婚企画・後編」

 

 

5位
2006年10月7日 23.1%
「ピンチこそチャンスだ目標20周年スペシャル」

 

 

こう振り返ってみると、90年代後半が面白かったイメージがあるけど

2000年代に高視聴率を叩き出していることが分かる。

 

 

めちゃイケは高コスト番組と言われているもののやはり企画力とか

サプライズってスゴイと個人的に思うんですよね。

 

だって有野晋哉で高視聴率って有り得なくないですか?!

(有野晋哉ファンが見てたらスミマセン)

 

 

これってかなり番組の力もだけど、なによりめちゃイケの企画力が

あるから高視聴率だったのではないかと。

 

岡村隆史という男

やっぱりめちゃイケの顔と言ったら岡村隆史だろう。

 

その中でも僕は”オファーシリーズ”が心に残っている。

 

岡村に様々な業界からオファーがあって、その様子をドキュメンタリーで

描いたコーナーだ。

 

オファーシリーズは以下のようにまとめてみた。

 

第1弾 ジャニーズJr.としてSMAPのコンサートに出演
第2弾 月9ドラマ「ブラザーズ」にゲスト出演
第3弾 結婚披露宴司会
第4弾 新春かくし芸大会で中国ゴマに挑戦
第5弾 ムツゴロウ動物王国で競馬対決
第6弾 フルマラソン完走
第7弾 劇団四季ライオン・キング出演
第8弾 モーニング娘。と修学旅行
第9弾 具志堅用高とボクシング対決
第10弾 横峯さくらとゴルフ対決
第11弾 EXILEのライブに参加
第12弾 杉山愛とテニスで真剣勝負
第13弾 市川海老蔵の歌舞伎に参加
第14弾 EXILEライブに三度参加
第15段 三浦大知のライブに参加

 

 

本当に様々な業界からオファーがきてますが

岡村隆史の代名詞は「ダンス」なのでやはりダンスに

関するオファーが多いですね。

 

 

 

 

めちゃイケは岡村隆史のドキュメンタリーを描く番組でもあって

「色々な業界を楽しく見せるなー」って感心してました。

 

このオファー企画に衰退しそうな業界がオファーしたら

けっこう注目はされると思うんですけどね。

 

 

日本工芸関係とか

農業とか、介護とか。

 

岡村隆史が関わることであらゆる業界を楽しく見せることが出来て

集客効果があると思います。

 

 

楽しく見せるところは見せて、決めるところはキッチリ決めて。

 

まるで違った情熱大陸を見ている感覚になります(笑)

 

ちなみに情熱大陸には出てないみたいですけど

プロフェッショナルには過去に出てるみたいですね。


真面目ですよね、岡村隆史って。

 

 

おすすめの記事