こんばんは、aoyです。

先週、バケモノの子の試写会に行く機会がありました。

詳しい内容は公開されたばかりなので
伏せておきますが、その中のシーンで
僕なりに学べることがあったので少し
シェアできればと思いました。

 

あなたに憧れの人はいるか

あなたには人生の師匠や職業関係の憧れの先輩みたいな人が
いるのではないでしょうか?

 

この映画の主人公も憧れではないけど、師匠みたいな人が
いるのですが、最初は全然師匠に対して歯が立たないんだけど
あることをキッカケに肩を並べるくらい成長します。

それが
” マネをする ”

動きや行動、考えなど
あらゆることを見ながらマネて
自分の中に落とし込む。

すると、まるで師匠になったかのように
次にすることや考えがなんとなく分かる。

 

大人になると、こんなことしなくなって
しまいますが、思い出すと子供のころは良く
自分はやってたなと思いました。

 

マネて見えることがある

マネをすることは悪いことだと言うイメージがありますが
マネることで意外なことが分かります。

 

それは
感性やスキルが磨かれてレベルアップ
することができます。

 

つまり
あなたに無い考えや、やり方をその憧れの人を
通して自分自身に落とし込むことができるという
自分にとって都合のいい成長のさせ方なのです。

 

いや~
この映画でマネることの大切さを
再確認できるとは(^_^)

良い映画でした!

 

おすすめの記事