4ヵ月で月収45万のキッカケをつくった秘密の動画
4ヵ月で月収45万のキッカケをつくった秘密の動画

こんにちは。aoyです。

今回タイトルがちょっと大げさなのですが、これは介護や医療業界だけの問題では
たぶん違うと思います。他の業種でも言える部分でしょう。

私自身これに気づいたのは、異業種交流会に参加した時のことでした。
そこに参加していたのはIT関連、医療、福祉、コンサルタント、スポーツトレーナーなど
多岐にわたる業種の方が他にもたくさん参加されていました。

飲みながらお互いの職種のことを話すわけですが
もちろん話す内容では、よく分からないものもあるので
ついていけない部分もあります。

 

ですが日頃そのような方と話せない分、自分として視野が広がり
勉強になることが本当に多かったです。

 

福祉や医療の世界は社会の流れ(外の世界)というものに
結構疎い方が多く、特にこれからの生活が不安と言いながら
それで何もせず愚痴をいつまでも言う方ってけっこう多いように思います。
(あくまで自分の観点です)

 

交流会では収入の話ももちろん出ました。
正直なところ他の業種のそういう部分ってすごく気になりますよね?

 

1番良かった職種って何だと思いますか?3秒間考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

チン!

ご察しの方もいると思いますが、やはりIT関係の方でした。
もう桁が違います(笑)
テレビや本でも稼げる職種の1つにIT関連が挙げられていますが
その情報は本当なんだなと改めて実感しました。
(自分の目や耳で見たり聞いたりしないと信用できない性格なもので)

 

そこで思ったんです。

「何でそんなに稼げるの?」

 

確かにIT関係は稼いでいる方が多い。
じゃあ何が違うのでしょう?

 

そもそもの働く媒体や人数の規模が違う

ということです。

 

どういうことか。
介護や医療その他の職種も重なる部分があると思いますが
私たちが何かお客にサービスを提供する場合、まず限界があります。
1人で100人の人にサービスを提供するのは不可能です。
そして本来収入はサービスを提供できた人数に比例して右肩あがりに増えていきます。

また肉体労働な分、時間的制限があります。
あなたは24時間フル活動できますか?
絶対不可能ですよね。

 

これがネットを使うと可能です。
たとえば自分でネットショップをしていれば
そのサイトを日本中の方が観れます。

 

つまり1人で100人や1000人を相手にするわけです。
作業量は1つのサイトを作るだけなので100人も1000人も変わりません。

 

そしてネットは24時間常に稼働しているので時間の制限がありません。
肉体労働では絶対にできない部分です。自分が働いていなくても
常に自分が作ったサイトが働いてくれるのです。

 

まぁ、ここまでのことは聞いたことがあるかもしれません。

もう1つ私なりに思った利点があります。

 

 

私自身が思ったもう1つの利点は
「どこにいてもパソコン1台あれば作業できる」ことです。

これすごく大きいです。

この続きはまた今度書かせてもらいます。

 

 

 

おすすめの記事